Services

 

オラクルULA更新サービス

Oracle ULA更新サービスは、Oracle ULAを締結している企業で、契約期間が1~12ヶ月以内に終了する企業を対象としています。このサービスの活動の恩恵を早く受けるほど、望ましくない結果が少なくなり、高いROIを達成することができます。

オラクルULA更新のリスク


  • お客様が知らず知らずのうちに、オラクル以外のULAソフトウェアの使用またはデプロイを開始していたこと。
  • Oracle ULA中に発生した、またはOracle ULAの開始時に誤って設計された、契約遵守の問題があること。
  • オラクルULAの更新オファーが商業的に健全でないこと。

オラクルULA更新サービスの特典


お客様のオラクル・ライセンス・エステートの公式なオラクル・ライセンス監査をシミュレートし、現在のOracle ULAのデプロイメントだけでなく、Oracle ULAの一部ではない、お客様が行ったデプロイメントも含めて、オラクル・ライセンスのポジションを提供します。

財務リスクが確認された場合、その改善策を提案し、必要であればオラクルと交渉して、貴社のコストを最小限に抑えることができます。

オラクルULA更新サービスの内容


  • Oracle ULA ソフトウェアの Oracle ライセンスポジションを確立します。
  • Oracle ULAの完全な契約分析により、契約上のリスクが存在するかどうかを理解し、それを解決するためのソリューションを新しいOracle ULA契約に提案します。
  • Oracle ULAが更新される前に当社が特定した財務リスクの是正を支援する、またはOracle ULAに新製品を追加することで財務リスクの一部が解決されることを提案する。
  • オラクルが商業的に競争力のある価格を提供していない場合に、オラクルのライセンス戦略によって現在のオラクルULAを最大限に活用し、お客様の交渉力を強化することを支援します。
  • Oracle ULAから製品を削除した場合、その製品の認証が必要になります。Oracle ULAの認証書類のカウントと記入をお手伝いします。
  • Oracle ULA更新プロセスにおけるオラクルとのすべてのコミュニケーションにおいて、お客様のチームをサポートします。
  • Oracle ULAのベンチマークと交渉のサポート。

お問い合わせ 提案書および業務指示書を要求するために.