Services

オラクルネゴシエーションサービス

Oracle Negotiationサービスは、Oracleと交渉中の企業様向けのサービスです。ライセンス購入、修正、Oracle ULA、Oracleサポート削減、Oracleクラウド交渉などが対象です。

オラクル交渉のリスク


  • オラクルの割引は透明性がない。割引率は0~95%で、顧客規模やオラクル使用量に応じた傾向は見られません。
  • オラクルのライセンス契約にはいくつかの標準条項しか含まれていないため、オラクルのアカウントチームが交渉をコントロールするためのすべてのレバレッジが与えられます。
  • オラクルの営業担当者は、オラクルのライセンス、サポート、またはクラウド契約について常に交渉しています。IT調達の専門家の多くは、年に一度かそれ以下の頻度で行っています。IT調達のプロがどれだけ経験を積んでいても、オラクルが常に優位に立つのです。
  • ガートナーによれば、オラクルは最も交渉が難しいベンダーである。
  • オラクルの価格や取引条件に対する洞察力が不足していると、お金を置き去りにしたり、未知のリスクにさらされたりすることになります。

より良い契約交渉のために


私たちは元オラクル社員です。私たちは、オラクルの代理として何百ものオラクルライセンス契約、ULA、およびクラウド契約について交渉してきました。私たちは、オラクルの承認組織について独自の見識を提供します。私たちと一緒に仕事をすれば、オラクルが知っていることで、あなたが知らないことは何もないでしょう。

オラクルネゴシエーションサービスには


  • オラクルの交渉戦術 – どのような議論をすれば、オラクルの営業チームからより競争力のあるオファーを引き出すことができるのか。
  • オラクルの割引とベンチマーク – 同様のライセンス、サービス、ハードウェアに対して他社はいくら支払っているのか。
  • 既存のオラクル契約の見直しにより、次の契約で改善できることが分かっている箇所を特定します。契約条件書の作成を支援します。
  • 交渉に関するアドバイスと洞察 – 現地の営業チームが承認できるものは何か、特定の交渉項目の実現は難しいか。これは、何が交渉可能で何が交渉不可能かを知ることで、成果を最大化するのに役立ちます。

提案書および業務指示書を依頼するため。 にお問い合わせください。