Services

 

 

内部オラクル・ライセンス監査

 

Internal Oracle License Auditは、自社のオラクル製品の独立したオラクル・ライセンス監査を積極的に行いたい企業向けのサービスです。Oracleデータベース、Oracle Middleware、Oracle EBSライセンス、Oracle Siebelライセンス、Oracle Primavera、Oracle Javaなど、すべてのOracleソフトウェア製品、またはその一部を対象としています。

 

オラクルライセンスのコンプライアンスリスク

 

Oracle ライセンスの位置付けが不明確な企業は、Oracle 監査の脅威と、コンプライアンス違反に対する金銭的コストに直面します。Oracle 監査の請求額は、ほとんどが数百万ドルに上ります。

オラクルソフトウェアライセンスのコンプライアンス問題のほとんどは、過剰使用ではなく、単に企業の IT 部門の誰かがオラクルのライセンスポリシーまたはライセンス規則を誤解したことに起因しています。

オラクルソフトウェアライセンスを積極的に見直さない企業は、未使用のライセンスに対してサポートを支払っており、本来であれば解約してコスト削減の対象とすべきです。

オラクルライセンスのコンプライアンスを維持しない場合、オラクルライセンスの最適化を行うことはできません。Oracleデータベースのエンタープライズライセンスは47,500ドルからということを忘れないでください。

オラクル・ライセンス・コンプライアンス・アクション

 

私たちは、元オラクルLMS監査人です。内部Oracleライセンス監査では、Oracle LMSスクリプトとメソッドを使用して分析し、公式のOracleライセンス監査をシミュレートします。お客様はサーバー上でスクリプトを実行し、私たちはスクリプトの出力を分析します。お客様のデータの分析が完了したら、お客様の契約を確認し、お客様の権利とデータを照合して、Oracleライセンスレポートを作成します。

 

内部 Oracle ライセンス監査サービスには以下が含まれます。

 

 製品ごとに関連する財務リスクを含むオラクルライセンスの位置づけ。

コンプライアンス違反の使用状況について、使用日時を含む完全に詳細なレポートを作成します。

オラクルのコンプライアンス問題を解決するための推奨事項。

Oracle ライセンスの最適化に関する推奨事項

Oracle on VMware ライセンス戦略設計。

解約の対象とし、コストを削減すべきオラクルソフトウェアライセンス。

 

 

 

提案書および作業指示書のご請求については、こちらまでお問い合わせください。