Services



Javaライセンス・サービス

 

Oracle Java License Serviceは、新しいJavaライセンスの購入を検討する前に、自社のJavaライセンスの状況を把握し、財務的なリスクを最適化および削減する方法を知りたい企業のためのサービスです。

 

 

 

 

Oracle Javaライセンスのコンプライアンスリスク

 

 

自社のネットワークでJavaをスキャンすると、データセンター全体にJavaがデプロイされていること、そしてそれがデプロイされている理由についてはほとんど情報がないことがわかります。

 

VMware上のOracleライセンスは、企業にとって管理が難しいことで知られており、Javaライセンスの露出が非常に多くなっています。

 

現在、Java のライセンス契約は 3 種類あり、それぞれライセンス条件が異なるため、何が Java ライセンスを必要とするかを理解するのがさらに難しくなっています。

 

Javaライセンスの課題には、一部の製品にJavaの使用制限ライセンスがあり、それが要件にどのように影響するかということも含まれます。

 

Java SEの商用機能の使用は、オラクル・ライセンスの引き金となります。

 

 

 

 

Oracle Java ライセンス監査

 

 

 

当社は、お客様の既存のソフトウェア資産管理ツールまたはインベントリツールを使用して、Java ライセンスの分析に使用されるデータを抽出します。一部の使用状況の詳細はどのツールでも取得できないため、それらの Java 機能の使用状況を取得するための独自のアンケートを設計しています。4週間後にJavaライセンスレビューの結果を発表し、お客様の会社におけるJavaライセンスの削減と最適化のための推奨事項をお伝えします。

 

 

 

オラクルのJavaライセンス・サービスには以下が含まれます。

 

 

クライアントデバイス、オンプレミスサーバー、およびクラウドデプロイメントの両方における、貴社のすべてのJavaデプロイメントの完全なレビュー。

 

Java SEライセンスを含むオラクルソフトウェア製品のレビュー。

 

Java SEの商用機能を利用しているかどうかの確認。

 

サーバーおよびデバイスごとのデプロイメントを含む、特定のライセンス契約に対応するJavaライセンスレポート。

 

財務リスクを伴うOracle Java SEのワーストケースライセンスシナリオ。

 

ライセンスの必要性を減らすためのOracle Javaライセンスの最適化戦略。

 

Java on VMware戦略: VMware上でのOracle Javaを管理するために利用可能なオプションを学び、戦略を策定します。

 

Javaライセンスワークショップ: Javaライセンストレーニング、Javaライセンス結果、および最適化セッションを含む3時間のワークショップ。

 

 

 

 

提案書および作業指示書のご請求については、弊社までお問い合わせください。